ひとり | Hitori

Title: ひとり
Romaji: Hitori
Translation: Alone
Composition: Comp
Lyrics: Ranko
Vocals: Ranko

Album:

  • Bowling (track 4)

Sample:

Lyrics

眠れないでひとり
窓の外をみてる
朝焼けの空には
希望が満ちている
そう、信じていたあの日

nemurenaide hitori
mado no soto wo miteru
asayake no sora ni wa
kibou ga michite iru
sou, shinjite ita ano hi

大人になってから
ぼんやりよぎるのは
夢を見つめるのも
タダじゃないってこと
爪を噛む癖と共に、あきらめる癖もついた

otona ni natte kara
bon’yari yogiru no wa
yume wo mitsumeru no mo
tada janai tte koto
tsume wo kamu kuse to tomo ni, akirameru kuse mo tsuita

どんな手のぬくもりも
空を埋められないよ
ひとりきりだって生きていかなくちゃ
だれもいない

donna te no nukumori mo
kuu wo umerarenai yo
hitorikiri datte ikite ikanakucha
dare mo inai

思い出と夢は
良く似てるんだって
神様が言ってた
だからここに居るよ
進めないことを知って、戻れないことも知った

omoide to yume wa
yoku niteru ndatte
kamisama ga itteta
dakara koko ni iru yo
susumenai koto wo shitte, modorenai koto mo shitta

繋いだてのひらは
全部まぼろしだった
ほどけた気持ちは立ち留まっている
だれもいない

tsunaida tenohira wa
zenbu maboroshi datta
hodoketa kimochi wa tachitomatte iru
dare mo inai